徳山大・入江諒(撮影・西尾典文)

智弁和歌山出身の1年生、徳山大・入江諒の木製バットに対応できる“打撃技術”

 課題はとにかくパワーアップ。170cm、67kgというプロフィールからも分かるように、大学野球の中に入ると、まだまだ体の小ささが目立つ。ステップする時に少し重心が上下動し、ポップフライを打ち上げてしまうシーンもあったが、このあたりの課題解消には下半身の強化が必要になってくるだろう。

 とはいえ、内野の動きやバットコントロールは既にチームの中でも目立つ存在であることは間違いない。先輩の中村のようにしっかりと体を鍛えてパワーアップを果たすことができれば、リーグを代表するバッターになれる可能性は十分に秘めているだろう。

この日の成績

中村拓貴:4打席2打数0安打

ライトフライ・四球・空振り三振・四球

入江諒:4打席3打数1安打1犠打

ショートゴロ・送りバント・レフトフライ・センター前ヒット

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita