徳山大・宮崎光志 (撮影・西尾典文)

オリックス「山岡泰輔」と重なるイメージ…徳山大・宮崎光志の成長に期待大

 新型コロナウイルスによる感染拡大の脅威が日本中に広がっているが、一部の大学野球のリーグ戦は感染対策を講じながら、公式戦を開始した。今回、取り上げるのは、4月4日に開幕した「中国六大学野球」の春季リーグ。中国六大学野球とは、20大学で構成される中国地区大学野球連盟の一部リーグにあたる。ただ、今年の春季リーグは、福山大がウイルス対策で活動を休止しているため、4月中は“5大学”で行う予定だ。リーグ戦史上初となる“5大学”でスタートした「中国六大学野球」でプロ注目の選手を特集する。

【4月4日】中国地区大学野球春季リーグ戦 倉敷マスカットスタジアム

吉備国際大3-2徳山大(延長11回タイブレーク)

 惜しくも延長11回で敗れた徳山大だが、見事なピッチングを見せたのが先発のマウンドに上がった宮崎光志(4年・長門)だ。高校3年夏にはエースとして早鞆、岩国といった甲子園出場経験校を続けて破り、全5試合を投げ抜いてチームのベスト4進出に貢献しているが、全国的には無名の存在だった。

 174cm、70kgと決して大柄ではないものの、真上から縦に腕を振ることができており、ボールの角度は一級品。テイクバックで少し右肩が下がり、立ち上がりは抜けるボールも多かったが、すぐに立て直せる修正能力の高さも光った。1回ツーアウトからは4者連続三振を奪うなど、序盤の3回はパーフェクトピッチングを披露。中盤以降、三振の数こそ減ったもののフライアウトを量産し、9回を6安打、1四球、無失点で投げ切って見せた。また、延長10回から始まったタイブレークも最初のイニングは無得点でしのぎ切っている。ストレートの最速は144キロをマークし、終盤でも140キロ台を記録するなど勢いが衰えることはなかった。