東亜大・松永遥平 (撮影・西尾典文)

大学球界“トップクラス”の俊足だ! 東亜大・松永遥平の「脅威の脚力」

 新型コロナウイルスによる感染拡大の脅威が日本中に広がっているが、一部の大学野球のリーグ戦は感染対策を講じながら、公式戦を開始した。今回、取り上げるのは、4月4日に開幕した「中国六大学野球」の春季リーグ。中国六大学野球とは、20大学で構成される中国地区大学野球連盟の一部リーグにあたる。ただ、今年の春季リーグは、福山大がウイルス対策で活動を休止しているため、4月中は“5大学”で行う予定だ。リーグ戦史上初となる“5大学”でスタートした「中国六大学野球」でプロ注目の選手を特集する。

【4月4日】中国地区大学野球春季リーグ戦 倉敷マスカットスタジアム

広島文化学園大1-4東亜大

 開幕戦に快勝した東亜大の野手で目立ったのがトップバッターの松永遥平(2年・外野手・鹿児島)だ。高校時代は県内では評判の投手で、2年夏には鹿児島大会決勝進出の立役者にもなっている。大学では外野手に転向。この日まず目立ったのがシートノックで見せたライトからの返球だ。少しコントロールはばらつきがあったものの、元投手だけあって低い軌道でサード、ホームまで届くボールには勢いがあった。

 バッティングで光ったのは、巧みなバットコントロールだ。第一打席では低めの変化球を軽く合わせてライト前に運んで先制の口火を切ると、第三打席では速いストレートを左中間に運んでスリーベース。そして第四打席ではサードの前にセーフティバントを決めて、3安打猛打賞という見事な活躍を見せたのだ。体は決して大きくないものの、良い意味でバッティングが小さくないのがいい。少しバットを揺らしてタイミングをとり、ヘッドを軽く投手の方向に向けてトップの形を作ると、そこから全身を使って鋭く振り出すことができている。セーフティバント以外の2安打は左投手から放ったものだったが、右肩をしっかり残して崩されることがなかった。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita