東亜大・中内亮太(撮影・西尾典文)

新型コロナに負けず中国六大学野球が開幕…プロ注目の東亜大・中内亮太が魅せた“投球術”

 新型コロナウイルスによる感染拡大の脅威が日本中に広がっているが、一部の大学野球のリーグ戦は感染対策を講じながら、公式戦を開始した。今回、取り上げるのは、4月4日に開幕した「中国六大学野球」の春季リーグ。中国六大学野球とは、20大学で構成される中国地区大学野球連盟の一部リーグにあたる。ただ、今年の春季リーグは、福山大がウイルス対策で活動を休止しているため、4月中は“5大学”で行う予定だ。リーグ戦史上初となる“5大学”でスタートした「中国六大学野球」でプロ注目の選手を特集する。

【4月4日】中国地区大学野球春季リーグ戦 倉敷マスカットスタジアム

広島文化学園大1-4東亜大

 近年は環太平洋大に押されてはいるものの、東亜大はかつて明治神宮大会連覇を果たしているリーグを代表する強豪チーム。昨年秋のリーグ戦でも優勝を果たしている。一方の広島文化学園大はこの春が初の一部リーグだが、昨年、梅林優貴(日本ハム6位)がプロ入りしており、近年力をつけてきたチームだ。

 まず注目したのが最速151キロを誇る右腕、東亜大のエース中内亮太(4年・五條)。昨年秋のリーグ戦では11試合、89回1/3を投げて防御率1.21という安定した投球を見せてベストナインに輝いている。他のチームの主戦投手が30~40回程度ということを考えると、まさに鉄腕と言っていい活躍だ。この日も4回に味方の2失策から1点は失ったものの、終始危なげない投球で完投勝利をおさめた。

 左足を上げた時に少し体をひねるトルネード気味のフォームで、上半身の強さが目立つが、馬力は申し分ない。立ち上がりから140キロ台中盤のスピードをマークし(この日の最速は148キロ)、アウトローにしっかり投げ切ることができていた。一見すると荒っぽく見えるが、昨年秋の数字が示しているように投球術にも長けている。

 この日も序盤に速いボールを投げて相手打線に意識させておいて、中盤からは変化球主体で打たせてとるピッチングができていた。変化球は110キロ台のカーブ、120キロ台のスライダー、130キロ台のツーシームと速さにバリエーションがあり、制球も悪くない。高いレベルで通用するためには全体的にもう少し打者の近くで変化させたいところだが、ストレートに勢いがあるので変化球も生きていた。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita