亜細亜大・虎谷貴哉 (撮影・西尾典文)

今年のドラフト候補 亜大・虎谷貴哉、星稜出身の好打者…気になる評価は?

 課題は打つ以外のプレーになる。この日もスリーベースでの三塁到達は12.20秒と決して遅くはないが速くもなく、一塁到達タイムも大体4.5秒台と目立つところがない。守備も高校時代はショートで、内野ならどのポジションも守れるのは持ち味だが、そこまで際立つものが感じられない。チームにはショートに矢野、セカンドに下級生ながら大学日本代表候補にも選ばれている田中幹也(2年・東海大菅生)という守備名人が二人いることもあるが、できれば今年はサードを狙いたいところだ。

 打撃の安定感は東都リーグの中でも上位だが、今のままでは何となく良い選手という印象で終わる可能性が高い。その殻を破るためにも今年は強打のサードとして、さらに進化したプレーを見せてくれることを期待したい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita