亜細亜大・矢野雅哉 (撮影・西尾典文)

亜細亜大「矢野雅哉」 成長次第で元中日・井端弘和タイプになる可能性あり!

 この日は時間の都合で第3打席からの3打席しか見ることができなかったが、粘りを見せて死球、四球、四球と三度とも出塁を果たし、トップバッターの役割をしっかり果たしていた。まだ力強さは物足りないものの、ヘッドが下がらずにシャープに振り出すことができており、ミートの感覚も年々磨きがかかっているように見える。最終打席の出塁の後は佐々木健(24歳・投手・木造→富士大)の一塁牽制でアウトになったのはいただけなかったが、脚力を生かした積極的な走塁も持ち味だ。

 正直3年春までは社会人で長くプレーするようなタイプの選手という印象だったが、打力がついてきたことで、プロからの評価も高まっていることは間違いない。さらに打撃にいやらしさがついてくれば、左右の違いはあるものの、同じ亜細亜大の先輩である井端弘和(元中日・巨人)のような選手になる可能性も十分に秘めているだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita