亜細亜大・矢野雅哉 (撮影・西尾典文)

亜細亜大「矢野雅哉」 成長次第で元中日・井端弘和タイプになる可能性あり!

 新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るい、あらゆるスポーツイベントが中止や延期に追い込まれている。そんな状況ではあるが、アマチュア球界の一部では、シーズン開幕に向けてオープン戦が始まっている。各地で行われた試合から、プロ注目のドラフト候補をはじめ、目に付いた選手をレポートしていきたい。

【3月22日】オープン戦 亜細亜大グラウンド

NTT東日本5-6亜細亜大(延長10回タイブレーク)

 戦国東都と言われる中でも数々の名選手を輩出している亜細亜大だが、今年の4年生野手で注目度が高いのが矢野雅哉(4年・遊撃手・育英)だ。高校時代は下位打線を打っていたこともあって、全国的に注目されるような選手ではなかったが、その守備力とスピードを買われて大学では1年春からリーグ戦デビューを果たしている。

 その武器は堅実かつ、スピード感抜群の守備だ。打球に対する反応や球際の強さは名手揃いの東都大学野球の中でも際立つ存在であり、2年春からは不動のレギュラーとなっている。さらに172cmという上背ながら肩の強さも抜群で、三遊間の深い位置からノーステップで強いボールを投げることができることができており、今までも数多くのチームのピンチを防いできた。この日も確認できた守備機会は3度あったが、いずれも難なくさばいていた。

 バッティングについては下級生の頃はとにかく非力という印象が強かったが、徐々に力がついてきた印象だ。昨年秋には1、2番に定着し、打率.415という数字を残して首位打者も獲得している。完全に守備の人というイメージが強かっただけに、この数字は強烈なインパクトを残した。