日本大・川西雄大 (撮影・西尾典文)

“本格派サイドスロー”日大・川西雄大がドラフト戦線に浮上も…明大中野時代は“イケメンエース”で注目

 課題となるのが抜くボールの精度。基本的に速いストレートとスライダーで勝負するタイプで、緩急を上手く使うことができていない。そのため、特に左打者を相手としたときに、相手のスイングを崩すことができていなかった。この日許した4安打は全て左バッターに打たれたものである。このあたりが改善してくると、さらに攻略が難しい投手になりそうだ。

 また、サイドから投げ込むストレートは威力があり、三振が奪えるというのも大きな魅力である。この日は先発だったが、適正はやはりリリーフにあるように感じる。短いイニングなら球威でどんどん押すことができ、ストレートもさらにスピードアップしそうな雰囲気を感じた。どの球団も中継ぎ投手に対する需要は高いだけに、リーグ戦での活躍次第ではドラフト戦線に浮上してくることも十分に考えられるだろう。

この日の成績

3回 被安打4 3失点(自責点2) 5奪三振 1四球

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita