JFE東日本・峯本匠 (撮影・西尾典文)

大阪桐蔭で全国制覇…JFE東日本「峯本匠」 大学時代は低迷も“見事な復活”

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、あらゆるスポーツイベントが中止、延期に追い込まれている。アマチュア野球もそれは例外ではなく、今年の選抜甲子園は中止となった。キャンプを自粛するチームが出てきているが、シーズン開幕に向けてオープン戦は始まっている。各地で行われた試合から、目に付いた選手をレポートしたい。 今回は、3月13日に行われた HondaJFE東日本 を取り上げる。

【3月13日】 Honda 9-8 JFE東日本

 一昨日紹介した 今川優馬 (23歳早生まれ・外野手・東海大四→東海大北海道)、昨日紹介した 平山快 (24歳・内野手・東海大相模→東海大)に続いて今回取り上げるのが、同じ大学卒2年目の JFE東日本 ・峯本匠(24歳・内野手・大阪桐蔭→立教大)だ。

 高校時代から強打のセカンドとして知られた選手で、2年春に出場した甲子園ではランニングホームランも放っている。しかし、今川や平山が大学で大きく成長したのとは対照的に、立教大では伸び悩んだ印象が強い。早くからリーグ戦で起用されていたものの、ベンチを温めることが多く、リーグ戦通算安打は11本にとどまっている。高校時代のプレーぶりを知っているものからすると、かなり物足りないものだった。

 そんな峯本だが、社会人では見事な復活を遂げた。入社早々にセカンドのレギュラーを奪うと、昨年の都市対抗でも打率.412という結果を残して新人賞にあたる若獅子賞を獲得。社会人の年間ベストナインにも輝いている。この日も今川、平山の後ろとなる5番・セカンドで出場。第3打席にライト線へのツーベースを放ち、第4打席では押し出しの四球を選ぶなど、クリーンアップとしての役割をきっちりこなして見せた。