JFE東日本・平山快 (撮影・西尾典文)

東海大相模時代に“4番”で活躍…JFE東日本 「平山快」のプロ入りの可能性は?

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、あらゆるスポーツイベントが中止、延期に追い込まれている。アマチュア野球もそれは例外ではなく、今年の選抜甲子園は中止となった。キャンプを自粛するチームが出てきているが、シーズン開幕に向けてオープン戦は始まっている。各地で行われた試合から、目に付いた選手をレポートしたい。 今回は、3月13日に行われた HondaJFE東日本 を取り上げる。

【3月13日】 Honda 9-8 JFE東日本

 昨日紹介した JFE東日本 ・今川優馬 (23歳早生まれ・外野手・東海大四→東海大北海道)とともに、一年目の昨年から中軸として活躍しているのが、同じく JFE東日本 ・ 平山快(24歳・内野手・東海大相模→東海大)だ。東海大相模では4番として3年夏の甲子園に出場し、初戦で敗れたものの松本裕樹(ソフトバンク)から2安打をマーク。東海大進学後も早くからレギュラーとなり、4度のベストナイン(一塁手3回・三塁手1回)、2度の首位打者を獲得。4年秋には三冠王にも輝いている。

 上述したように大学まではファーストでの出場機会が多く、打撃偏重の選手というイメージが強かったが、昨年はサードでも動きの良さを見せていた。この春からはショートにも挑戦。この日もショートで4度の守備機会があり、1本は三遊間深い当たりの内野安打になったものの、無難にさばいていた。

 高校時代はショートだった選手が大学や社会人でサードやセカンドに回り、最終的にはファーストになるというケースはよくあるが、大学でファーストを守ることが多かった選手がショートになるというのはほとんど記憶にない。プロでショートを任せられるほどの守備力は感じないが、サードであれば十分通用するレベルにあるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita