オリックス・吉田正尚(Baylexs /Wikimedia Commonsより)

オリックス、長期低迷から脱出へ…久しぶりのAクラスは決して夢ではない理由

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となったプロ野球だが、各球団は最終調整に入っている。果たしてペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか、球団ごとに探ってみたい。今回はパ・リーグ最下位からの巻き返しを狙うオリックスだ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:若月健矢(松井雅人・頓宮裕真)

一塁手:T-岡田(勝俣翔貴)

二塁手:福田周平(大城滉二)

三塁手:中川圭太(白崎浩之・西野真弘)

遊撃手:安達了一(宜保翔)

左翼手:吉田正尚(杉本裕太郎・小島脩平・松井佑介)

中堅手:後藤駿太(宗佑磨)

右翼手:ジョーンズ(西浦颯大・小田裕也・西村凌)

DH:モヤ(ロドリゲス)

■予想投手陣

・先発:山岡泰輔・山本由伸・田嶋大樹・アルバース・荒西祐大・K-鈴木(東明大貴・榊原翼・張奕・竹安大知・本田仁海)

・中継ぎ:増井浩俊・近藤大亮・沢田圭佑・比嘉幹貴・海田智行・山田修義(神戸文也・漆原大晟・山崎福也・吉田一将・ヒギンス・左沢優)

・抑え:ディクソン

 野手陣は、今年12球団を通しても最大の大物外国人選手であるジョーンズの獲得が大きなプラス。ここまでオープン戦では結果が出ていないが、開幕が延期になったことで調整期間が増えたことも大きい。今までのオリックスと言えば、大学や社会人出身のリードオフマンタイプがどのポジションにも揃っていたが、今年は少し印象が違う。ジョーンズ以外にもリーグ屈指の強打者に成長した吉田正尚、昨シーズン途中、中日から移籍したモヤなど長打が期待できる選手が増えたのだ。

さらに昨年ほとんど戦力にならなかったT-岡田に復調の兆しが見えており、彼らが中軸に並ぶようだと他球団にとっても脅威となりそうだ。ただ、吉田正尚とジョーンズ以外は不動のレギュラーと呼ぶには心許ない印象は否めない。若月、福田、安達、後藤と並ぶセンターラインは守備力こそ高いものの、打撃は多くを望みづらい。ここに期待の若手である宜保や西浦が入ってくるとだいぶ景色が変わってくるだけに、思い切った抜擢を望みたい。