DeNA・ラミレス監督(ぽこ太郎 /Wikimedia Commonsより)

DeNA、抑えは盤石もローテに不安…優勝は厳しく、Aクラス争いが限界か?

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となったプロ野球だが、各球団は最終調整に入っている。果たしてペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか、球団ごとに探ってみたい。今回は昨年2位に躍進したDeNAだ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:伊藤光(嶺井博希・戸柱恭孝・高城俊人)

一塁手:ロペス(中井大介)

二塁手:ソト(伊藤裕季也・柴田竜拓)

三塁手:宮崎敏郎

遊撃手:大和(倉本寿彦)

左翼手:佐野恵太(細川成也・乙坂智)

中堅手:神里和毅(桑原将志・関根大気)

右翼手:オースティン(梶谷隆幸・楠本泰史)

■予想投手陣

・先発:今永昇太・上茶谷大河・浜口遥大・石田健大・井納翔一・平良拳太郎(ピープルズ・大貫晋一・飯塚悟史・京山将弥・坂本裕哉)

・中継ぎ:パットン・三嶋一輝・斎藤俊介・砂田毅樹・三上朋也・桜井周斗(平田真吾・浜矢廣大・進藤拓也・武藤祐太・伊勢大夢・エスコバー)

・抑え:山崎康晃

 野手陣は、筒香嘉智(レイズ)の穴をどう埋めるかが一番の焦点。今のところその候補と見られているのが新外国人のオースティンと3年目の佐野だ。オースティンは、メジャーでの通算安打114本のうち33本がホームランという長距離砲。オープン戦でも3月11日時点で12球団トップの4本塁打を放ち、長打力を見せつけている。ただ、変化球には脆さのあるタイプだけに、弱点を徹底して攻められた時の対応力には不安が残る。佐野も昨シーズン終盤は勝負強い打撃を見せたが、まだ安心して中軸を任せられるだけの安定感はない。長年中軸を務めてきたロペスは年齢的な問題もあって成績が落ちているだけに、得点力ダウンの可能性は高い。

 救いはこれから成長が期待できる若手がいること。期待の星は伊藤と細川だ。伊藤は昨年終盤一軍で成績を残し、細川は二軍で着実にステップアップを見せている。この二人がレギュラーを奪うようなことになれば、将来に向けての見通しも一気に明るくなるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita