西垣雅矢(早稲田大)

早大は先発3番手以降にも“好素材” 西垣雅矢&柴田迅が見せた強みとは…

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、あらゆるスポーツイベントが中止、延期に追い込まれている。アマチュア野球も例外ではなくキャンプを自粛するチームが出てきているが、シーズン開幕に向けてオープン戦は始まっている。各地で行われた試合から、目に付いた選手をレポートしたい。

【3月1日】

早稲田大2-12駒沢大 

 前回は駒沢大の先発マウンドに上がった竹本祐瑛(4年・八戸西)を紹介したが、今回は早稲田大で目立った投手について触れたい。ドラフト上位候補の早川隆久(4年・木更津総合)、早川とともに大学日本代表候補にも選ばれている150キロ右腕の徳山壮磨(3年・大阪桐蔭)はこの日登板がなく、先発のマウンドに上がったのは二人に次ぐ先発要員である西垣雅矢(3年・報徳学園)だ。

 西垣は高校時代からセンスはあるもののとにかく細いという印象だったが、プロフィールの体重もアップし、目に見えて体が大きくなったのが好材料だ。フォームについてはとにかく力みがなく、軽く投げているように見えて、意外に勢いのあるボールが投げられるというのが長所。3回に2本のホームランを浴びて4失点と崩れたが、最速は145キロをマークし、この時期にしては決して悪い内容ではなかった。