ロッテ・種市篤暉(Moonlight Shado /Wikimedia Commonsより)

若手に勢いを感じるロッテ、積極的な抜擢で“強敵”ソフトバンクに対抗せよ!

 いよいよペナントレース開幕まであと2週間となった今年のプロ野球。ペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか。球団ごとに探ってみたいと思う。今回はオフの積極的な動きが目立ったロッテだ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:田村龍弘(吉田裕太・柿沼友哉・佐藤都志也)

一塁手:井上晴哉

二塁手:中村奨吾(西巻賢二)

三塁手:レアード(安田尚憲)

遊撃手:藤岡裕大(福田光輝・平沢大河)

左翼手:福田秀平(菅野剛士・加藤翔平)

中堅手:荻野貴司(藤原恭大)

右翼手:マーティン(岡大海・高部瑛斗)

DH:角中勝也(清田育弘)

■予想投手陣

・先発:石川歩・美馬学・二木康太・種市篤暉・岩下大輝・小島和哉(佐々木千隼・唐川侑己・中村稔弥・土肥星也)

・中継ぎ:松永昂大・西野勇士・チェン・東條大樹・ジャクソン・東妻勇輔(田中靖洋・ハーマン・大谷智久・小野郁・永野将司・有吉優樹)

・抑え:益田直也

 昨年のチーム打率はリーグ5位だが得点はリーグ3位。これはホームランラグーンを新設したことで本塁打数が増加したことが大きい。しかし昨年チーム2位の安打数、打点をマークした鈴木大地が抜けたことによる戦力ダウンは大きい。安田、藤原、平沢、佐藤、高部、福田光輝など今後が楽しみな選手がずらりと揃っているが、今年に関してはまだまだ未知数な部分が多い。

 また、鈴木が抜けたことで内野手の層が薄く見える。このあたりをどうやりくりしていくかがポイントとなりそうだ。気になるのはDHをどう起用するかという点。予想オーダーでは角中と清田を候補に入れたが、年齢を考えると二人とも上積みは考えづらい。我慢して安田を起用できれば、だいぶ景色が変わってくるだろう。プラス要因はFAで獲得した福田秀平だが、レギュラーとして1年を通じて活躍した実績はないだけに、外野陣も藤原や高部の台頭に期待したい。