広島・佐々岡真司監督(途方シネマズ /Wikimedia Commonsより)

“常勝カープ”復活へのカギは…ブルペンどう整備?問われる佐々岡新監督の手腕

 いよいよオープン戦も本格化してきた今年のプロ野球。ペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか。球団ごとに探ってみたい。今回は昨年セ・リーグ4連覇を逃し、Bクラスに沈んだ広島だ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:会沢翼(石原慶幸・磯村嘉孝・坂倉将吾)

一塁手:松山竜平(堂林翔太・メヒア)

二塁手:菊池涼介(曽根海成)

三塁手:ピレラ(安部友裕・三好匠)

遊撃手:田中広輔(小園海斗)

左翼手:野間峻祥(長野久義・高橋大樹・宇草孔基)

中堅手:西川龍馬

右翼手:鈴木誠也

■予想投手陣

・先発:大瀬良大地・Kジョンソン・野村祐輔・床田寛樹・九里亜蓮・森下暢仁(アドゥワ誠・遠藤淳志・山口翔・中村祐太・薮田和樹・モンティージャ)

・中継ぎ:中村恭平・菊池保則・一岡竜司・岡田明丈・中崎翔太・DJジョンソン(今村猛・中田廉・ケムナ誠・塹江敦哉・島内颯太郎・高橋樹也)

・抑え:フランスア

 野手陣ではメジャー移籍を目指した菊池涼介、FA権を取得するも行使しなかった会沢が残ったことが大きい。内野で流動的なのが三遊間だ。サードは安部が攻守ともに停滞しており、昨年も日替わりの起用が続いた。ショートは田中が故障上がりであることを考えると、レギュラーとして固定できるかは微妙なところだ。予想オーダーでは、サードを新外国人のピレラ、ショートを田中としたが、将来のことを考えると小園を抜擢したい。ショートを小園で固定して田中をサードに回す、または小園をサードで起用するといったシフトも面白いだろう。

 外野は丸佳浩の穴を西川が埋めたことが大きい。鈴木、西川の若い同学年二人が揃っているのは何よりも強みと言えるだろう。ポジション争いが激しいのがレフトだ。実績を考えると野間と長野の争いになるが、今年に入って高橋大樹が成長を見せている。ルーキーの宇草が食い込んでくる可能性も十分にあるだろう。控えも含めて悪くないメンバーが揃っているが、痛いのはバティスタの退団だ。20本以上のホームランが期待できる選手が鈴木一人となると、マークが集中して得点力が下がる可能性が高い。そういう意味では二軍で実績十分のメヒアの台頭に期待したいところだ。