楽天・太田光(Jtwya/Wikimedia Commonsより)

大型補強を断行した楽天、弱点は正捕手不在…緊急トレードも検討すべき 

 いよいよオープン戦も本格化してきた今年のプロ野球。ペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか。球団ごとに探ってみたいと思う。今回はオフに大型補強を行った楽天だ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:太田光(岡島豪郎・山下斐紹・堀内謙伍・足立祐一)

一塁手:銀次(内田靖人)

二塁手:浅村栄斗(藤田一也)

三塁手:鈴木大地(ウィーラー・渡辺佳明)

遊撃手:茂木栄五郎(小深田大翔・山崎幹史)

左翼手:島内宏明(下水流昂)

中堅手:辰己涼介(小郷裕哉)

右翼手:オコエ瑠偉(ロメロ・田中和基)

DH:ブラッシュ

■予想投手陣

・先発:則本昂大・岸孝之・石橋良太・涌井秀章・松井裕樹・辛島航(藤平尚真・弓削隼人・塩見貴洋・安楽智大・福井優也・釜田佳直)

・中継ぎ:森原康平・牧田和久・高梨雄平・宋家豪・ブセニッツ・青山浩二(酒居知史・津留﨑大成・瀧中瞭太・寺岡寛治・久保裕也・渡辺佑樹)

・抑え:シャギワ

 FAで鈴木、ドラフトで小深田、外国人ではオリックスを自由契約になったロメロを獲得したことで野手の層は間違いなく厚くなった。内野陣は仮にレギュラーが二人離脱したとしても十分に補えるだけの選手が揃っている。外野も内野ほどではないが選手は揃っており、辰己、オコエ、小郷といった伸び盛りの選手が名を連ねているのは心強い。

 そんな中で大きなウィークポイントとなるのが捕手だ。長年正捕手を務めた嶋が退団し、その後釜がまだまだ定まっていない。ここまでのオープン戦を見る限り二年目の太田が中心となりそうだが、スローイングには定評があるものの、打撃は一軍レベルとは言い難い。他の候補を見ても「帯に短し襷に長し」という印象だ。捕手をどのようにやりくりできるのかというところが大きなポイントとなりそうだ。場合によってはシーズン途中にトレードで捕手を獲得することも検討すべきだろう。

 投手陣も涌井、牧田という実績のある二人の投手を獲得したことで先発、リリーフとも厚みが出てきた。特に、先発は昨年故障に苦しんだ則本、岸の二本柱が問題なく戻ってくることができれば、リーグでも屈指の陣容となる。純粋な若手と言えるのが藤平、安楽くらいしか見当たらないのは気になるが、今年に関して言えば多少故障者が出ても乗り切れる顔ぶれが揃っていると言えるだろう。