中京学院大中京から中京学院大に進む赤塚健利

恵まれた体格はロマンの塊 甲子園で急成長の右腕・赤塚健利は中京学院大へ 

 昨年のドラフト会議では107名の選手が指名されたが、その一方でプロ志望届を提出しなかった選手、または提出しながら指名が見送られた選手も数多く存在している。PABB labではそんな中から新天地で再度プロ入りを目指す選手を、プロ入りに必要なポイントとともに紹介したい。今回は昨年夏の甲子園で話題を呼んだ超大型右腕だ。

赤塚健利中京学院大中京

投手 193cm 103kg 右投右打

・甲子園通算成績

4試合 8回 被安打9 3奪三振 3四死球 自責点3 防御率3.38

・3年夏の岐阜大会成績

6試合 7回1/3 被安打3 12奪三振 1四死球 自責点0 防御率0.00

・西尾が確認できた最速:148キロ

・2019年プロ志望届:提出するも指名なし

・予定進路:中京学院大

 高校生の場合、短期間や甲子園の大舞台で突如として急成長を見せる場合がある。昨年の夏では今回紹介する赤塚がそのケースだったといえる。岐阜大会の準決勝、岐阜第一戦で見た時は6回からマウンドに上がり、最速145キロのスピードをマークしている。そして甲子園でそのスピードは148キロまでアップ。短いイニングをほとんどストレートだけで押しまくるピッチングに驚かされた人も多かっただろう。