ソフトバンク・工藤監督(えすぱにぃ/Wikimedia Commonsより)

ソフトバンク、“圧倒的戦力”で断トツの優勝候補も…世代交代という大きな壁

 いよいよオープン戦も本格化してきた今年のプロ野球。ペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか。球団ごとに探ってみたい。今回は日本シリーズ三連覇中のソフトバンクだ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:甲斐拓也(高谷裕亮・栗原陵矢・海野隆司)

一塁手:内川聖一(明石健志・三森大貴)

二塁手:牧原大成(周東佑京)

三塁手:松田宣浩

遊撃手:今宮健太(高田知季・川瀬晃)

左翼手:バレンティン(中村晃・長谷川勇也)

中堅手:柳田悠岐(釜元豪・真砂勇介)

右翼手:グラシアル(上林誠知)

DH:デスパイネ

■予想投手陣

・先発:千賀滉大・バンデンハーク・高橋礼・大竹耕太郎・東浜巨・武田翔太(和田毅・松本裕樹・二保旭・ムーア)

・中継ぎ:モイネロ・嘉弥真新也・高橋純平・松田遼馬・加治屋蓮・川原弘之(甲斐野央・椎野新・杉山一樹・石川柊太・岩崎翔・古谷優人・津森宥紀)

・抑え:森唯斗

 まず野手はバレンティンがヤクルトから加入したことによって、更に破壊力がアップした。柳田、デスパイネ、グラシアル、バレンティン、松田、内川と上位から下位まで気の抜けない打者が並ぶことになる。リードオフマンタイプも牧原、今宮の二人に昨年プレミア12でブレイクした周東も控えており、機動力が使えるという点も大きい。12球団でも1、2を争う打線と言える。

 しかし、不安要素がないわけではない。一つはバレンティン、グラシアルの二人が並ぶ外野の守備だ。ホームランテラスで外野が狭くなっているとはいえ、失点増に繋がる危険性を秘めていることは間違いないだろう。もうひとつは主力の高齢化による故障の増加だ。昨年は柳田が左膝の故障でわずか38試合の出場に終わり、内川も昨年は少し持ち直したものの、2017年と2018年は故障で大きく成績を落としている。松田も年齢を考えると成績が落ちてもおかしくはないだろう。