ヤクルト・村上宗隆(沖田 亮/Wikimedia Commonsより)

ヤクルト、投打ともに“弱点”多し…限られた戦力で上位に食い込むには?

 いよいよオープン戦も本格化してきた今年のプロ野球。ペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか、球団ごとに探ってみたい。今回は昨年セ・リーグ最下位に沈んだヤクルトだ。

■予想オーダー ※()内は他の候補

捕手:中村悠平(嶋基宏・松本直樹・古賀優大)

一塁手:坂口智隆(荒木貴裕)

二塁手:山田哲人

三塁手:村上宗隆(太田賢吾・広岡大志・吉田大成)

遊撃手:エスコバー(西浦直亨・奥村展征)

左翼手:青木宣親(中山翔太・浜田太貴)

中堅手:塩見泰隆 (山崎晃大朗)

右翼手:雄平(上田剛史)

■予想投手陣

・先発:小川泰弘・石川雅規・高橋奎二・原樹理・高梨裕稔・イノーア(山田大樹・星知弥・長谷川宙輝・吉田大喜・奥川恭伸・スアレス)

・中継ぎ:梅野雄吾・近藤一樹・五十嵐亮太・石山泰稚・大下佑馬・中尾輝・クック(平井諒・坂本光士郎・今野龍太・風張蓮・久保拓眞・清水昇)

・抑え:マクガフ

 昨年最下位に沈んだ大きな原因は投手陣の崩壊だ。唯一規定投球回数に達した小川も5勝12敗と大きく負け越し、チームの勝ち頭が今年1月に40歳となった石川というのだからその崩壊ぶりがよく分かるだろう。若手では高橋、原あたりが候補となるが、現時点では貯金を作れそうな先発投手は見当たらない。新外国人のイノーア、ソフトバンクから移籍した長谷川あたりのブレイクに期待したいところだ。ルーキーでは奥川、吉田が楽しみではあるが、伝統的に投手の故障者が多い球団だけに慎重に起用したい。

 リリーフも大きく変わらない陣容となっている。若手では梅野の成長が頼もしく、中尾の復活にも期待したいが、それ以外は大きな上積みは考えづらい。このあたりを抑え投手出身の高津臣吾新監督がどのように整備できるかが大きなポイントとなりそうだ。