西武・辻監督(Cream meron pan /Wikimedia Commonsより)

西武、強力打線でカバーするのはもう限界?「リーグ三連覇」が厳しい理由

 いよいよオープン戦も本格化してきた今年のプロ野球。ペナントレースをどのような布陣で戦うことになるのか。強み、弱点はどこにあるのか、球団ごとに探ってみたい。今回はパ・リーグ二連覇中の西武だ。

■予想オーダー  ※()内は他の候補

捕手:森友哉(岡田雅利・柘植世那)

一塁手:山川穂高

二塁手:外崎修汰(山野辺翔)

三塁手:中村剛也(佐藤龍世)

遊撃手:源田壮亮(永江恭平)

左翼手:スパンジェンバーグ(戸川大輔・西川愛也)

中堅手:金子侑司(愛斗・鈴木将平)

右翼手:木村文紀(川越誠司・熊代聖人)

DH:栗山巧(メヒア)

■予想投手陣

・先発:ニール・高橋光成・今井達也・十亀剣・松本航・本田圭佑(浜屋将太・ノリン・榎田大樹・内海哲也・松坂大輔・相内誠)

・中継ぎ:平井克典・小川龍也・佐野泰雄・平良海馬・森脇亮介・宮川哲・ギャレット(野田昇吾・武隈祥太・国場翼・田村伊知郎・斉藤大将)

・抑え:増田達至

 強力打線が投手陣をカバーして連覇を達成した西武。しかし、顔ぶれを見ると、その戦い方も徐々に厳しくなってきたことがよく分かる。大きな弱点は外野陣。金子は通算195盗塁の足は一流だが、打つ方に関しては打率、出塁率ともかなり物足りない。新外国人のスパンジェンバーグや実績の乏しい選手を並べてみたものの、秋山翔吾の抜けた穴は簡単に埋まることはなさそうだ。セカンドの控えに挙げている山野辺も、昨年二軍では結果を残しているだけに外野としての適性をテストしたい。内野もレギュラー陣は強力だが、控えになると一気に落ちるというのが現状である。森、山川、外崎、源田は東京五輪に選ばれる可能性もあり、その影響も大きな気がかりだ。プラスの面はドラフトで捕手の柘植を獲得したこと。昨年、森と岡田がいなくなった時の捕手陣の弱さが目立っただけに、社会人で実績がありまだ若い柘植は大きな戦力となりそうだ。