桜美林大に進む赤坂諒(撮影・西尾典文)

すい星の如く現れた“快速右腕”赤坂諒は桜美林大へ さらなる高みを目指す

 フォームに関してはまだまだ課題が多いというのが第一印象。テイクバックで腰が回転し、体が左右に振れる動きがあるためリリースももうひとつ安定しない。どちらかというとサイドスローの体の使い方で、腕だけ上から出ているという印象だ。ストレートと変化球で腕の振りが変わるのも気になる。ただそれでもこれだけの大型で150キロを超えるスピードを誇るというのは大きな魅力である。

 夏の大会終了後は卒業後も野球を続けるか未定と発言していたが、桜美林大に進むことが発表された。桜美林大は近年レベルの高い首都リーグの中でも存在感を示しており、高校時代無名だった投手が伸びるケースも多い。グラウンドや室内練習場など環境面も恵まれている。現時点では典型的な未完の大器で0か100かという印象だが、好投手を次々と輩出する首都リーグの中でその才能を存分に伸ばしていってもらうことを期待したい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita