大商大に進学予定の上田大河(撮影・西尾典文)

“プロレベル”の本格派右腕 「上田大河」は大学で成長遂げれば上位指名も

 昨年のドラフト会議では107名の選手が指名されたが、その一方でプロ志望届を提出しなかった選手、または提出しながら指名が見送られた選手も数多く存在している。PABB labではそんな中から新天地で再度プロ入りを目指す選手を、プロ入りに必要なポイントとともに紹介したいと思う。今回は関西でも1、2を争う実力を誇る本格派右腕だ。

上田大河(大商大高)

投手 181cm 80kg 右投右打

・2019年夏の大阪大会成績

2試合 18回 被安打10 21奪三振 3四死球 4失点

・報道されている最速:148キロ

・西尾が確認できた最速:144キロ

・2019年プロ志望届:提出せず

・予定進路:大阪商業大

 プロ志望届を提出すれば高い確率で指名されていたのに、と感じる高校生選手は毎年何人かいるものだが、昨年の投手ではこの上田もその代表格と言える。1年夏からマウンドを任されており、3年春の大阪府大会ではその後夏の甲子園を制することになる履正社を相手に被安打6、2失点で完投。チームの府大会優勝にも大きく貢献した。

 上田のピッチングを見たのはその後に和歌山で行われた近畿大会、郡山戦だ。府大会の決勝で打球を右手に受けたこともあって、この日上田は先発を回避。6点をリードを許した7回途中からリリーフで登板したが、2回1/3を投げて被安打1、無四死球、4奪三振無失点という見事なピッチングを見せた。