立教大学に進学する智弁和歌山・池田陽佑(撮影・西尾典文)

右肩上がりの成長曲線! 智弁和歌山「池田陽佑」は大学でどこまで伸びるのか

 大きく成長したのは下半身の使い方と躍動感だ。選抜までは重心の上下動がありロスが多いフォームだったが、夏の甲子園では体重移動にスピードが出て、スムーズにボールに力を伝えられるようになっていた。本人も打者の手元で動くボールが持ち味と言っているように奪三振はそれほど多くないものの、低めにしっかりボールを集められ、安定感は申し分ない。U18W杯でも登板機会は多くなかったものの、随所に持ち味は発揮して見せた。

 進学先は東京六大学の立教大と報道されている。立教大は下級生の頃から先発として活躍してきた田中誠也(大阪ガス入社予定)と手塚周(SUBARU入社予定)の二人が卒業し、中川颯(新4年)以外は投手陣の目途が立っていない状況だ。池田にかかる期待は当然大きくなる。また打者の手元で動くボールは、木製バットの大学野球でさらに威力を発揮する可能性が高い。このオフの期間もしっかり鍛え続け、1年時から主戦としての活躍を期待したい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita