日本ハムからドラフト2位で指名された立野和明(撮影・西尾典文)

【補強診断・日本ハム】河野竜生、立野和明、鈴木健矢…即戦力投手に期待大

 キャンプインまであと2週間を切り、球春も近づいてきた。ストーブリーグもひと段落という印象だが、各球団今シーズンに向けてどのような補強を行ったのか、改めて振り返ってみたいと思う。今回は昨年パ・リーグ5位に沈んだ日本ハムだ。なお、主な入団選手のルーキーは今季戦力として期待できる選手のみをピックアップした。

■主な退団・引退選手

・投手

中村勝

田中豊樹

立田将太

ハンコック

バーベイト

・野手

実松一成(捕手)

田中賢介(内野手)

森本龍弥(内野手)

森山恵佑(外野手)

岸里亮佑(外野手)

■主な新戦力

・投手

河野竜生(ドラフト1位)

立野和明(ドラフト2位)

鈴木健矢(ドラフト4位)

バーヘイゲン(新外国人)

・野手

ビヤヌエバ(巨人から移籍)

 昨シーズンは8月上旬に首位に迫りながら、その後急失速を見せて5位に沈んだ日本ハム。一時は栗山英樹監督が進退伺を提出したが、続投となり9年目のシーズンに突入することとなった。

 まず、このオフに目立ったのがドラフト戦略の大きな見直しである。1位では佐々木朗希を指名したものの、抽選で外してからは社会人、大学生の投手を中心に指名。高校生は3位の上野響平だけという結果となった。これも「今年は何とかして結果を残したい」という現場の意向を反映させたものと言えるだろう。特に1位の河野は即戦力が期待できる実戦派サウスポー。社会人での3年間でしっかり体を作り、スピードも大幅にアップしている。左の先発候補が少ないだけに、開幕ローテーション入りも期待した。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita