DeNAにドラフト4位で指名された東妻純平(智弁和歌山)【撮影・西尾典文】

智弁和歌山が誇る強肩強打の捕手がDeNAへ「東妻純平」が将来の正捕手を狙う!

 PABB labでは10月17日に行われたドラフト会議前にも多くの候補選手を取り上げたが、当日までにおさまりきらなかった指名選手について改めてどんな選手なのか、プロに入ってから活躍するためのポイントはどこになるか、いつ頃一軍の戦力として考えられるかなどについて紹介したい。今回は、強肩強打を誇る高校球界屈指の捕手だ。

東妻純平(智弁和歌山DeNA4位)

捕手 172cm 77kg 右投右打

・甲子園通算成績

12試合 48打数16安打2本塁打13打点0盗塁 打率.333

・走塁タイム:一塁到達:4.54秒 二塁到達:8.70秒 三塁到達:12.32秒

・セカンド送球タイム:1.83秒

・1年目の目安:二軍で捕手として50試合出場

・期待される将来像:伊藤光の後釜としての正捕手

 先日紹介した黒川史陽(楽天2位)とともに下級生の頃からレギュラーとして活躍し、甲子園でもすっかりお馴染みとなった捕手。入学時は内野手だったものの、中谷仁監督(当時コーチ)の勧めで捕手に転向した。上背はないものの、スローイングの強さは天下一品。コンスタントに2.0秒を切り、全力で投げれば楽に1.8秒台をマークする。ボール自体の強さやコントロールの良さも高校生ではトップレベルだ。

 1年秋から何度も見てきた選手だが、全てが順風満帆だったわけではない。今年の春は攻守ともに極度の不振に陥り、近畿大会の智弁学園戦では試合途中で交代となっている。この時点では正直、高校からのプロ入りは厳しいかと思われたが、そこから夏までにしっかりと立て直してきたところは評価できるポイントだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita