西武にドラフト1位で指名された宮川哲(撮影・西尾典文)

待望の即戦力!西武ドラ1「宮川哲」が投手不足の投手陣を救う?

 PABB labでは10月17日に行われたドラフト会議前にも多くの候補選手を取り上げたが、当日までにおさまりきらなかった指名選手について改めてどんな選手なのか、プロに入ってから活躍するためのポイントはどこになるか、いつ頃一軍の戦力として考えられるかなどについて紹介したい。今回は投手不足に悩む西武が指名した待望の即戦力投手だ。

宮川哲(東海大山形→上武大→東芝→西武1位)

投手 177cm 80kg 右投右打

・2019年公式戦成績

11試合 59回2/3 被安打45 69奪三振 20四死球 18失点

・報道されている最速:154キロ

・西尾が現場で見た最速:152キロ

・1年目の目安:一軍で40試合以上登板して20ホールド

・期待される将来像:不動のセットアッパー

 佐々木朗希(大船渡→ロッテ1位)を外した西武、奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)を外した巨人が二度目の入札で指名したのがこの宮川だ。高校時代は全国的には無名だったものの、上武大では下級生の頃から頭角を現し、4年時には春秋のリーグ戦で9勝負けなしという圧倒的な成績を残している。しかしプロ志望届を提出したものの指名はなく、社会人に進むこととなったが、この2年間で明らかにスケールアップを果たした。

 大学時代も小気味よいピッチングが目立っていたが、社会人では躍動感が明らかにアップした。フォームの特長は下半身の強さにある。テイクバックで少し沈みこむ動きが入るが、そこから重心を低く保ったまま体重移動することができており、上手く上半身に連動して腕の振りの鋭さも目を見張るものがある。ストレートもコンスタントに150キロを超えるようになり、今年の都市対抗では最速152キロもマークした。更にストレート以上に凄みがあるのがカットボールだ。140キロ台のスピードで打者の手元でわずかに鋭く横に滑るボールで、ネット裏から見ていても本当にストレートと見分けがつかない。ストレートとこのカットボールだけで抑え込む場面も少なくなかった。