九産大・児玉涼亮(撮影・西尾典文)

九産大「児玉涼亮」は別次元の守備職人! 華麗な右打ちは元中日・井端を彷彿

 来年6月に行われるハーレムベースボールウィーク(オランダ)に出場する侍ジャパン、大学代表候補の選考合宿が11月30日から3日間にわたって行われた。この合宿で目に付いた選手について紹介するレポート。今日は大学球界が誇る守備職人だ。

児玉涼亮(九州産業大・3年・165cm・60kg・右投右打・文徳)

紅白戦成績:5打席4打数2安打(1二塁打)1死球0三振

 この代表候補で見どころ満載だったのが紅白戦の前に行われたシートノックだ。特に壮観だったのがショート陣。元山飛優(東北福祉大・3年・180cm・76kg・右投左打・佐久長聖)の矢のようなスローイング、小川龍成(国学院大・3年・170cm・70kg・右投左打・前橋育英)の流れるようなフットワーク、奈良間大己(立正大・1年・170cm・65kg・右投右打・常葉菊川)の球際の強さはさすがというレベルだったが、その中でも今回紹介する児玉の動きはワンランク上だと感じさせるものがあった。

九産大・児玉涼亮(撮影・西尾典文)
九産大・児玉涼亮(撮影・西尾典文)

 まずノックを打った瞬間の一歩目の動きが他の選手とはワンテンポ違う。そして打球に対して素早く近づき、それでいながら打球と衝突することなく軽やかに捕球し、瞬く間に投げる動作に移るのだ。ただプレーにスピードがあるのではなく、動きに緩急があるというのが素晴らしい。この児玉は大学球界では早くから守備名人として知られており、昨年、今年と続けて大学ジャパンにも選出されている。しかし全国から集められた精鋭揃いの中でもそのプレーぶりは際立っていた。ちなみに紅白戦では1回ごとに選手の守備位置が変わったが、二遊間のレベルの高さは過去の代表チームと比べても光るものがあった。それは3試合(変則の合計20イニング)で6個もの併殺打があったことがよく物語っている。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita