星槎道都大・河村説人(撮影・西尾典文)

札幌にスカウトが集結か?星槎道都大の大型右腕「河村説人」の魅力

 来年6月に行われるハーレムベースボールウィーク(オランダ)に出場する侍ジャパン、大学代表候補の選考合宿が11月30日から3日間にわたって行われた。この合宿で目に付いた選手について紹介するレポート。今回は札幌学生リーグが誇る“大型右腕”だ。

河村説人(星槎道都大・3年・192cm・85kg・右投右打・白樺学園)

紅白戦成績:2回 被安打2 失点0 奪三振2 四死球0 最速145キロ

 初日に行われた紅白戦で昨日取り上げた森博人(日本体育大・3年・177cm・77kg・右投右打・豊川)の次に存在感を見せたのがこの河村だ。白組の2番手として3回からマウンドに上がり、まず元山飛優(東北福祉大・3年・内野手・180cm・68kg・右投左打・佐久長聖)を三球三振。続く打者のショートゴロエラーと二塁打でピンチを招いたものの、そこから落ち着いて二人を抑えて無失点で切り抜けた。最初は丁寧な投球でスピードも140キロ程度だったが、続く4回は145キロまでスピードアップ。先頭打者にヒットで出塁を許しながらもその後は併殺打、セカンドゴロと結局三人で抑えた。

 河村は白樺学園の3年夏に甲子園の出場し、初戦の下関商戦の先発マウンドにも立っている。当時は典型的な未完の大器で、重心が上下動してふらふらしている印象が強く、まだまだドラフト候補という感じはしなかった。卒業後は亜細亜大に進学したものの1年で中退して星槎道都大に再入学している。一昨年の法政大で行われたオープン戦で大学入学後に初めて河村を見たが、1回を投げて無失点だったものの2つの四球を与え、最速は137キロにとどまり、高校時代と大きく印象が変わることはなかった。