日体大・森博人(撮影・西尾典文)

日体大に新たな上位指名候補! 快速右腕「森博人」が圧巻のピッチング

 来年6月に行われるハーレムベースボールウィーク(オランダ)に出場する侍ジャパン、大学代表候補の選考合宿が11月30日から3日間にわたって行われた。この合宿で目に付いた選手について紹介するレポート。今日は首都リーグを代表する快速右腕だ。

・森博人(日本体育大・3年・177cm・77kg・右投右打・豊川)

紅白戦成績:2回 被安打1 失点0 奪三振3 四死球0 最速149キロ

 初日に行われた紅白戦で圧巻のピッチングを見せたのが、この森だ。紅組の2番手として3回からマウンドに上がり、ワンアウトから古間木大登(東農大北海道オホーツク・2年・捕手・183cm・85kg・右投左打・遠軽)に詰まった当たりの内野安打を許したものの、後続を抑えて無失点。続く4回は並木秀尊(獨協大・3年・外野手・170cm・70kg。右投右打・市立川口)、小川晃太朗(同志社大・3年・外野手・180cm・75kg・右投右打・龍谷大平安)から連続三振を奪い、打者三人で片づけて見せた。

 ストレートはコンスタントに140キロ台後半をマークし、それが低め、コーナーにしっかり決まるというのが最大の長所。少しスリークォーター気味の腕の振りだが、肘を柔らかく使うことができ、球持ちも長いので打者はより一層速く感じられるだろう。しっかり腕を振って投げられるスライダー、カットボール、カーブも良く、今年の春に見た時よりも変化球は確実にレベルアップしていた。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita