獨協大・並木秀尊(撮影・西尾典文)

獨協大「並木秀尊」がドラフト戦線に浮上? 大学代表候補合宿で大活躍

 また、タイミングをとる動きにも無駄がなく、鋭い振り出しも目立った。初日の第1打席では竹田祐(明治大・2年・183cm・84kg・右投右打・履正社)から粘りを見せて9球目をレフト前ヒット。2日目の第1試合ではこの合宿で全投手の中で最速の150キロをマークした木沢尚文慶応大・3年・182cm・78kg・右投右打・慶応)からもレフト前ヒットを放ち、続く第2試合でもドラフト1位候補の早川隆久早稲田大・3年・179cm・72kg・左投左打・木更津総合)からライト前ヒットを放って見せたのだ。この合宿での活躍で大学ジャパンの首脳陣、そしてプロのスカウトに並木の名前は確実にインプットされたことだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita