獨協大・並木秀尊(撮影・西尾典文)

獨協大「並木秀尊」がドラフト戦線に浮上? 大学代表候補合宿で大活躍

 来年6月に行われるハーレムベースボールウィーク(オランダ)に出場する侍ジャパン、大学代表候補の選考合宿が11月30日から3日間にわたって行われた。今日からはこの合宿で目に付いた選手について紹介する。

・並木秀尊(獨協大・3年・外野手・170cm・70kg。右投右打・市立川口)

紅白戦成績:6打席6打数3安打2三振

 この合宿でMVPを一人選ぶならば3試合で4安打を放ち、スリーベースの三塁到達で10.58秒という破格のタイムをマークした五十幡亮汰(中央大・3年・外野手・171cm・70kg・右投左打・佐野日大)になるだろう。その五十幡と並んでスピードで大きなアピールを見せたのがこの並木だ。並木の所属している獨協大は首都大学野球の二部リーグであり、ある意味今回の選出自体もサプライズである。昨年、獨協大には古谷勇斗(現バイタルネット)というドラフト候補のキャッチャーがいたこともあり、秋のリーグ戦で並木のプレーも見ていた。この時は1番、センターで出場すると5打数1安打ながらスリーベースを放ち、その三塁到達タイムは11.31秒と見事なものである。しかし、まさか大学日本代表候補に選ばれるとは思っておらず、正直に言うとその存在も忘れていた。

 そんな並木だが、この合宿では並み居る強豪校の選手の中でも動きの良さが一際目立った。初日に行われた50メートル走では五十幡に次いで2番目のタイムとなる5.43秒をマーク。一部報道では5.32秒ともあったが、タイムは二人のコーチが計測しており、明らかにこちらのタイムは計測ミスだと思われたので当サイトでは遅い方を採用した。手動のざっくりとした計測とはいえ、どちらのタイムも凄いものである。外野の守備でも二日目の紅白戦では右中間に抜けようかという当たりを好捕し、シートノックではスローイングの強さも見せた。体は大きくないが、バッティングも悪くない。足の速い選手の場合、それを生かそうとし過ぎて必要以上にゴロを打とうとすることがよく見られるが、並木はしっかり強く振り切ることができている。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita