慶応大・木沢尚文(撮影・西尾典文)

「侍ジャパン」大学代表候補、球速&走力ランキングを一挙公開

 来年6月に行われるハーレムベースボールウィーク(オランダ)に出場する侍ジャパン、大学代表候補の選考合宿が11月30日から3日間にわたって行われた。今回は初日(6イニング制)と2日目(7イニング制2試合)に行われた紅白戦3試合の成績、スピードなどについてまとめたものをお届けする。なお、初日は浜松でオール早慶戦が行われており、早稲田大と慶応大のメンバーは2日目から参加。また山崎伊織(東海大・3年・投手)と佐藤隼輔(筑波大・2年・投手)は登板がなかった。

上武大・古川裕大(撮影・西尾典文)
上武大・古川裕大(撮影・西尾典文)

■野手成績
【捕手】
古間木大登(東農大北海道オホーツク・2年・183cm・85kg・右投左打・遠軽)
6打席5打数1安打1四球1三振

古川裕大(上武大・3年・185cm・91kg・右投左打・久留米商)
5打席5打数2安打1三振

岩本久重(早稲田大・2年・181cm・82kg・右投右打・大阪桐蔭)
4打席4打数1安打1打点2三振

古賀悠斗(中央大・2年・172cm・75kg・右投右打・福岡大大濠)
6打席4打数0安打2四球2三振

山崎基輝(東洋大・3年・177cm・80kg・右投右打・愛工大名電)
5打席5打数1安打1打点1三振

栄枝裕貴(立命館大・3年・179cm・79kg・右投右打・高知)
5打席5打数1安打2三振

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita