苫小牧駒大・伊藤大海(撮影・西尾典文)

スカウト陣も熱視線 ドラフト候補が結集した「侍ジャパン」大学代表候補合宿

 来年6月に行われるハーレムベースボールウィーク(オランダ)に出場する侍ジャパン、大学代表候補の選考合宿が11月30日から行われている。ドラフト候補が参加するこの合宿には各球団のスカウトが熱い視線を送る。今回は2日目に行われた紅白戦(7イニング制)2試合の成績について詳細をレポートする。なお、初日は浜松でオール早慶戦が行われており、早稲田大と慶応大のメンバーはこの2日目から参加。また、山崎伊織(東海大・3年・投手)と佐藤隼輔(筑波大・2年・投手)は登板がなかった。

■野手成績

【紅組】

岩本久重(早稲田大・2年・捕手・181cm・82kg・右投右打・大阪桐蔭)

空振り三振、ショートフライ、ライト前ヒット、ショートゴロエラー

正木智也(慶応大・2年・外野手・182cm・87kg・右投右打・慶応)

センターフライ、四球、四球、ライトフライ

児玉涼亮(九州産業大・3年・内野手・165cm・60kg・右投右打・文徳)

死球、ライト前ヒット、ファーストゴロ、サードゴロ

上武大・古川裕大(撮影・西尾典文)
上武大・古川裕大(撮影・西尾典文)

古川裕大(上武大・3年・捕手・185cm・91kg・右投左打・久留米商)

セカンドゴロ、レフト前ヒット、センター前ヒット、見逃し三振

山崎基輝(東洋大・3年・捕手・177cm・80kg・右投右打・愛工大名電)

センターフライ、ライト前ヒット、セカンドゴロ併殺打、セカンドゴロ

赤尾光祐(東海大札幌・3年・外野手・181cm・90kg・右投右打・東海大相模)

ショートゴロ、空振り三振、空振り三振、サードゴロ

森下翔太(中央大・1年・外野手・180cm・83kg・右投右打・東海大相模)

空振り三振、ライト前ヒット、サードゴロ、四球

矢沢宏太(日本体育大・1年・外野手・173cm・63kg・左投左打・藤嶺藤沢)

ライト前ヒット、ファーストゴロ

三宅浩史朗(立命館大・3年・外野手・180cm・76kg・右投左打・神港学園)

四球、空振り三振、レフトフライ、四球

中村拓貴(徳山大・3年・外野手・170cm・70kg・右投右打・長門)

レフトツーベース、ファーストファウルフライ、レフト前ヒット、ライトフライ

山田健太(立教大・1年・内野手・183cm・85kg・右投右打・大阪桐蔭)

ライト犠牲フライ、センターフライ、左中間ツーベース、ショートゴロ併殺打

牧秀悟(中央大・3年・内野手・178cm・83kg・右投右打・松本第一)

空振り三振、空振り三振、死球、レフト前ヒット

石元悠一(東京大・3年・内野手・183cm・82kg・右投左打・桐朋)

ライトフライ、ライト前ヒット、ショートゴロ併殺打、セカンドゴロ併殺打

元山飛優(東北福祉大・3年・内野手・180cm・68kg・右投左打・佐久長聖)

四球、ショートフライ、センターフライ、ショートゴロ

渡部健人(桐蔭横浜大・3年・内野手・175cm・105kg・右投右打・日本ウェルネス)

ショートフライ、空振り三振、空振り三振

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita