敦賀気比・笠島尚樹(撮影・西尾典文)

高校球界屈指!「敦賀気比」投手3人衆の実力とは…

 11月23日と24日に三重県熊野市近郊で行われた「くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019」。2005年から本格的に始まった全国の強豪が集まる練習試合で、今年は以下のチームが参加した。

鶴岡東(山形)、関東第一(東京)、横浜隼人(神奈川)、長野日大(長野)、大府、豊田大谷(愛知)、遊学館(石川)、敦賀気比(福井)、報徳学園(兵庫)、創志学園(岡山)【地元参加】近大新宮(和歌山)、木本、近大高専、尾鷲、白山(三重)

 昨年は西純矢(創志学園→阪神1位)、木下元秀(敦賀気比→広島育成2位)などがプレーしており、毎年ドラフト候補も多く参加している。そんな「くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019」のレポート、今日は第2日の第2試合と第3試合をお届けする。

【第2日 くまのスタジアム 第2試合、第3試合】

横浜隼人4-0敦賀気比

敦賀気比8-0近大高専(8回コールド)

 この2試合で光ったのが敦賀気比の投手陣。横浜隼人との試合で先発したのが背番号18の松村力(2年・投手・180cm・82kg・右投右打)だ。味方のエラーで4点を失ったものの、まともに打たれたのは、先日のレポートで取り上げた菊地希(2年・三塁手・173cm・90kg・右投右打)くらいで、他の打者はほぼ完全に抑え込んだ。少し後ろに体重が残るのは課題だが、堂々とした体つきで下半身に粘りがあるのが長所。軽くヒールアップして軸足に体重を乗せるフォームは同じチームの先輩である平沼翔太(日本ハム)の高校時代に通じるものがある。球威だけでなく、変化球で簡単にカウントをとれる器用さも光った。この日は前日も登板していたこともあって最速136キロにとどまったが、一冬超えれば楽に140キロ台中盤をマークしそうな雰囲気は十分だった。

敦賀気比・松村力(撮影・西尾典文)
敦賀気比・松村力(撮影・西尾典文)

 近大高専との試合では背番号1の笠島尚樹(2年・投手・178cm・72kg・右投右打)が先発。夏の甲子園でも好投しており既に高校球界では名の知れた存在だが、この日も圧巻の投球を見せた。立ち上がりに近大高専の白石晃大(2年・1番・外野手・178cm・81kg・右投左打)の一塁への内野安打などでノーアウト一・二塁のピンチを招いたものの、続く打者を空振り三振と併殺打で無失点。その後も2回から5回までをわずか1安打と相手打線を寄せつけず、奪った三振も6個を数えた。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita