遊学館・高田竜星(撮影・西尾典文)

フォームは奥川恭伸を彷彿 遊学館エース「高田竜星」がドラフト候補に浮上か

 11月23日と24日に三重県熊野市近郊で行われた『くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019』。2005年から本格的に始まった全国の強豪が集まる練習試合で、今年は以下のチームが参加した。

鶴岡東(山形)、関東第一(東京)、横浜隼人(神奈川)、長野日大(長野)、大府、豊田大谷(愛知)、遊学館(石川)、敦賀気比(福井)、報徳学園(兵庫)、創志学園(岡山)【地元参加】近大新宮(和歌山)、木本、近大高専、尾鷲、白山(三重)

 昨年は西純矢(創志学園→阪神1位)、木下元秀(敦賀気比→広島育成2位)などがプレーしており、毎年ドラフト候補も多く参加している。そんな『くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019』のレポート、今回は第1日の第2試合と第3試合をお届けする。

【第1日 くまのスタジアム】

【 第2試合】鶴岡東0-3遊学館 【第3試合】遊学館2-2近大高専

 「くろしおスタジアム」の第2試合を終えて車で約40分かけて、「くまのスタジアム」へ移動。「くろしおスタジアム」の2試合の展開が早かったこともあって、到着すると第2試合の8回だった。「くまのスタジアム」にいた知人の情報で遊学館のエース、高田竜星(2年・投手・175cm・70kg・右投右打)が先発とは聞いていたが、まだ高田はマウンドにおり、結局9回まで一人で投げぬいて東北大会準優勝の鶴岡東を完封して見せた。試合終盤ということもあって計測できた最速は136キロだったが、それでも数字以上にストレートの勢いがあり、コーナーいっぱいに決まる制球力も見事。フォームの雰囲気は奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)に通じるものがあり、左右に体が振られることなく、直線的に体重移動できるところが大きな長所だ。秋の県大会では145キロを超えるスピードをマークしたという情報もあり、この冬の成長次第ではドラフト候補に浮上してくる可能性も高い。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita