創志学園・三方陽登(撮影・西尾典文)

阪神「西純矢」から背番号1を引き継いだ創志学園「三方陽登」の実力は?

 11月23日と24日に三重県熊野市近郊で行われた「くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019」。2005年から本格的に始まった全国の強豪が集まる練習試合で、今年は以下のチームが参加した。

 鶴岡東(山形)、関東第一(東京)、横浜隼人(神奈川)、長野日大(長野)、大府、豊田大谷(愛知)、遊学館(石川)、敦賀気比(福井)、報徳学園(兵庫)、創志学園(岡山)【地元参加】近大新宮(和歌山)、木本、近大高専、尾鷲、白山(三重)

 昨年は西純矢(創志学園→阪神1位)、木下元秀(敦賀気比→広島育成2位)などがプレーしており、毎年ドラフト候補も多く参加している。そんな『くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019』で目立った選手を中心にレポートしたい。

【第1日 くろしおスタジアム】

創志学園11-3横浜隼人(7回コールド)

 初日にくろしおスタジアムに足を運んだ最大の理由は、創志学園のエース、三方陽登(2年・投手・182cm・80kg・右投右打)を見たかったからだ。第1試合からなかなかブルペンに入らずヤキモキさせられたが、この試合の7回にようやくマウンドに上がった。結果はワンアウトから死球と味方のエラーで走者を背負い、レフトへツーベースを浴びて2失点。

創志学園・三方陽登(撮影・西尾典文)
創志学園・三方陽登(撮影・西尾典文)

 その後何とか後続は抑えたものの、少し不安定な投球に終わった。ブルペンで投球練習をしている時から高めに抜けるボールが目立ち、何度かバックネットまでボールが転がってくることがあったように制球力はまだまだ課題。左足をゆったりと高く上げる動きは悪くないが、少しクロスに踏み出し、わずかに押し出すような感じでリリースしており、どうしてもボールを抑え込むことができないように見える。体の割れも不十分で、速いボールを投げようとするがゆえに、腕だけを振る意識が強いように見えた。それでもこの日のストレートは最速141キロをマークしており、マウンドでの立ち姿にも雰囲気はある。うまく下半身の使い方が腕の振りに連動してくるようになれば、春以降が楽しみな素材である。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita