近大新宮・川口朝光(撮影・西尾典文)

強豪「創志学園」を零封 近大新宮のエース「川口朝光」の将来性

 11月23日と24日に三重県熊野市近郊で行われた『くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019』。2005年から本格的に始まった全国の強豪が集まる練習試合で、今年は以下のチームが参加した。

鶴岡東(山形)、関東第一(東京)、横浜隼人(神奈川)、長野日大(長野)、大府、豊田大谷(愛知)、遊学館(石川)、敦賀気比(福井)、報徳学園(兵庫)、創志学園(岡山)【地元参加】近大新宮(和歌山)、木本、近大高専、尾鷲、白山(三重)

 昨年は西純矢(創志学園→阪神1位)、木下元秀(敦賀気比→広島育成2位)などがプレーしており、毎年ドラフト候補も多く参加している。今日からはそんな『くまのベースボールフェスタ・練習試合in熊野2019』で目立った選手を中心にレポートしたい。

【第1日・くろしおスタジアム】

 創志学園0-0近大新宮(9回引き分け)

 初日の朝にまず足を運んだのは、和歌山県新宮市にある「くろしおスタジアム」。地元の近大新宮はちょうど昨日引退を発表した中後悠平(近大新宮→近畿大→ロッテ→DeNA)を輩出しているものの、県内では強豪と言えるほどのチームではない。しかし、試合が進むにつれてそんな近大新宮のエース、川口朝光(2年・投手・173cm・73kg・右投右打)のピッチングに目を奪われるようになった。サイドから投げ込むストレートの最速は134キロとそこまでのスピードがあるわけではないが、下半身が強く重心が上下動しないフォームが特長。リリースが安定しており、とにかくボールが低め、コーナーによく集まる。変化球は横に滑るスライダー、対になるシンカーに加えて腕を振って投げられる100キロ台の緩いカーブがあるのが大きい。そして変化球でもしっかり腕が振れるため、打者はタイミングをとるのが難しい。シンカーの精度が上がってくれば、さらに攻略困難になるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita