関西大・森翔平(撮影・西尾典文)

関西大「森翔平」&「久保田拓真」のバッテリーが示した“存在感”【明治神宮大会】

関西大・野口智哉(撮影・西尾典文)
関西大・野口智哉(撮影・西尾典文)

 関大では野口智哉(2年・4番・遊撃手・180cm・83kg・右投左打)も1年から大学日本代表候補にもなっている注目選手だが、この日は課題が多く目についた。トップの時にヘッドがかなり中に入り、体も前から見て“逆くの字”になるため、ヘッドがどうしても遅れて出てきて速いボールに差し込まれるのだ。第3打席でライト前ヒットを放ったが、これも会心の当たりではなかった。全身を使って振れるフルスイングは迫力があるが、高いレベルの投手相手には少し苦しい印象が残った。大型でショートの動きの良さも目立つだけに、バッティングのさらなるレベルアップに期待したい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita