慶応大学・郡司裕也(撮影・西尾典文)

慶大、中日4位「郡司裕也」が抜群の存在感 楽天3位「津留崎大成」も粘投【明治神宮大会】

楽天にドラフト3位で指名された慶応大・ 津留崎大成 (撮影・西尾典文)
楽天にドラフト3位で指名された慶応大・ 津留崎大成 (撮影・西尾典文)

 試合を締めたのが楽天から3位指名を受けた津留崎大成(4年・投手・177cm・85kg・右投右打・慶応)だ。この日の最速は148キロをマーク。少し制球に苦しみヒットと四球で二人のランナーは出したものの、最後は力で抑え込んだ。ストレートと同じ軌道から縦に鋭く変化するスライダーは130キロ台後半のスピードがあり、空振りを奪えるボールだ。課題の制球力が向上すれば、プロでもリリーフとして面白い存在になるだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita