仙台育英・入江大樹(撮影・西尾典文)

仙台育英「入江大樹」大型遊撃手がみせた超高校級のパワー【明治神宮大会】

仙台育英・ 笹倉世凪 (撮影・西尾典文)
仙台育英・ 笹倉世凪 (撮影・西尾典文)

 仙台育英でもう一人目立ったのが笹倉世凪(1年・5番・一塁手兼投手・178cm・85kg・左投左打)だ。仙台育英秀光中学時代から140キロを超えるスピードを誇るサウスポーとして評判で、今年夏の甲子園でも145キロをマークしているが、この日は投手としてではなく野手として高い能力を見せた。少しバットを動かしてタイミングをとるのは気になるものの、全身を使ったフルスイングは迫力十分。腕力やリストの強さに頼らず、下半身を使って強く引っ張ることができている。第2打席ではライトオーバーのツーベース、第3打席ではライト前ヒットを放ったが、いずれも鋭い打球でとても1年生のものとは思えなかった。選抜では本職のピッチングでも期待したい。

 天理で目立ったのが瀬千皓(1年・5番・左翼手・178cm・76kg・右投右打)だ。タイミングをとる動きが小さく、ヘッドの下がらない鋭い振り出しが長所。少し体の割れが不十分でステップの強さも物足りないが、それでも芯でとらえるミートのセンスがある。この日はツーランホームランを含む3安打5打点の大活躍で、勝利の立役者となった。守備はあまり目立たなかったが脚力もあり、今後の成長が楽しみな素材である。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita