白樺学園・ 片山楽生(撮影・西尾典文)

白樺学園「片山楽生」&国士舘「吉田健吾」はドラフト候補の潜在力あり【明治神宮大会】

 11月15日に開幕した明治神宮野球大会。PABB labでは目についた試合、選手についてレポートしていきたい。今回は第2日の第1試合、国士舘と白樺学園の試合についてお届けする。

【第2日・高校の部】国士舘3-4白樺学園

 昨年に続いての2年連続出場となる国士舘と初出場の白樺学園の対戦は、戦前の予想を裏切って白樺学園が接戦の末、勝利をおさめた。勝利の立役者となったのが白樺学園のエース、片山楽生(2年・4番・投手・177cm・74kg・右投左打)だ。テイクバックで少し沈み込む動きがあるものの、きれいに右肘が立ち、体に沿って縦に腕が振れるのが長所。この日のストレートの最速は137キロで、アベレージは130キロ台前半だったが、球筋が良く、数字よりも5キロ以上は速く見える。

 白樺学園・片山楽生(撮影・西尾典文)
白樺学園・片山楽生(撮影・西尾典文)

 そのストレートがコーナーいっぱいに決まり、打者は差し込まれることが多く、奪った25個のアウトのうち三振は5個だったが、11個がフライアウトだった。110キロ台のカーブと120キロ台のスライダーをしっかり投げ分け、緩急をつけられるのも大きい。また、打っても4番を任せられており、ミート力と脚力で野手としても高い能力を見せた。現時点ではバリバリのドラフト候補という感じではないが、今後の成長次第では十分にプロも狙えるポテンシャルの持ち主と言えるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita