東北福祉大・津森宥紀(撮影・西尾典文)

ソフトバンクD3位、東北福祉大「津森宥紀」リリーフ陣に食い込める可能性も【明治神宮大会】

 11月15日に開幕した明治神宮野球大会。PABB labでは目についた試合、選手についてレポートしていきたい。今回は第2日の第4試合、東海大と東北福祉大の試合についてお届けする。

 東海大・宮路悠良(撮影・西尾典文)
東海大・宮路悠良(撮影・西尾典文)

【第2日・大学の部】東北福祉大8-9×東海大(9回サヨナラ)

 ともに全国大会の常連である強豪同士の対戦となった試合は、激しい点の取り合いの末、東海大がサヨナラ勝ちをおさめた。東海大は、来年のドラフト上位候補であるエースの山崎伊織(3年・181cm・70kg・右投左打・明石商)が故障のため登板を回避。先発した高杉勝太郎(2年・177cm・72kg・右投右打・東海大札幌)、2番手の安里海(2年・178cm・78kg・左投左打・東海大相模)が3回までに5点を失ったが、4回から登板した宮路悠良(2年・185cm・84kg・右投左打・東海大高輪台)が試合を立て直した。立ち上がりにいきなり140キロ台後半のストレートを見せてスピードを印象付けると、次の回以降は緩い変化球を多めに使ってかわし、6回投げて3失点にまとめて勝ち投手となった。最速149キロのストレートは数字に見合う威力があるが、それが続かないのが課題。また、体重移動する前に沈み込み、重心が上下動するのでどうしても浮くボールが目立つ。それでも高校時代に比べて躍動感は出てきており、来年以降が楽しみな存在である。

東北福祉大・山野太一(撮影・西尾典文)
東北福祉大・山野太一(撮影・西尾典文)

 東北福祉大では来年のドラフト候補である山野太一(3年・投手・172cm・77kg・左投左打・高川学園)、元山飛優(3年・3番・遊撃手・180cm・68kg・右投左打・佐久長聖)が出場したが、山野が2回4失点(自責点4)で降板、元山も4打数ノーヒット、1四球とともに持ち味を発揮することができなかった。山野はストレートの最速は147キロをマークし、時折目立つボールもあったものの、変化球が全て高めに浮き、2回で4四死球と安定感を欠いた。ゆったりと軸足にためを作って下半身主導で投げられるのは長所だが、ステップする前にわずかにひねる動きが入るのが気になった。致命的な欠点ではないが、少しフォームを見直す必要はありそうだ。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita