中京大中京・高橋宏斗(撮影・西尾典文)

中京大中京「高橋宏斗」が明徳義塾を完封 大会最速も記録【明治神宮大会】

明徳義塾・奥野翔琉(撮影・西尾典文)
明徳義塾・奥野翔琉(撮影・西尾典文)

 一方の明徳義塾で光ったのがトップバッターの奥野翔琉(2年・1番・中堅手・175cm・67kg・右投左打)だ。1回に高橋の146キロのストレートをレフト線に弾き返してツーベースを放ち、この時の二塁到達は7.55秒をマーク。8.0秒を切れば十分俊足であり、このタイムは高校生では間違いなくトップレベルだ。第2打席でもサードに内野安打を放ち、しぶとく食らいつくバッティングも光った。7回の守備で印出の大飛球を追った時にフェンスに直撃して右手を痛めて途中交代となったが、まずはしっかり怪我を治して選抜ではスケールアップしたプレーを見せてもらいたい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita