東海大・山崎伊織(撮影・西尾典文)

ドラ1候補、東海大「山崎伊織」を完全攻略した好打者も登場【横浜市長杯】

 今月15日から明治神宮野球場で行われる第50回明治神宮野球大会。大学の部は東京六大学、東都大学の2連盟を除いて、各連盟の上位校が出場決定戦を勝ち抜かないと出場できない仕組みとなっているが、中でも厳しい戦いとなるのが関東の5連盟が2つの出場枠を争う横浜市長杯だ。千葉県大学野球連盟、関甲新学生野球連盟、東京新大学野球連盟、首都大学野球連盟、神奈川大学野球連盟の強豪が揃い、10月28日から4日間にわたり熱戦が繰り広げられた。その初日の様子を目についた選手を中心に3日間にわたりレポートしたい。

■【第三試合】関東学院大(神奈川大学1位)5-6東海大(首都大学1位)

東海大・ 山崎伊織 (撮影・西尾典文)

 東海大の先発は、先日このPABB labでも紹介した来年の1位候補、山崎伊織(3年・投手・181cm・69kg・右投左打・明石商)。立ち上がりにいきなり1点を失い調子はあまり良くなかったものの、3回のノーアウト三塁のピンチからギアを上げて二つの三振を奪って無失点で切り抜けた場面は見事なピッチングだった。最終的には7回1/3を投げて3失点(自責点3)で、この日の最速は151キロ。悪いなりに試合を作れるのはさすがである。

関東学院大・松川巧実(撮影・西尾典文)

 対する関東学院大の先発、松川巧実(3年・投手・177cm・75kg・右投右打・沖縄尚学)も凄みはないものの好投手だ。左肩の開きをぎりぎりまで我慢し、体の近くで縦に腕が振れるため左右のコントロールが安定している。浮くボールも少なく、140キロ台前半のストレートを丁寧にコーナー、低めに集めるピッチングが光った(この日の最速は145キロ)。もう少しスピードがアップするか、必殺の変化球をマスターできれば、来年のドラフト候補に浮上してくることも十分に考えられるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita