育成選手の指名でチームは強くなるか

掛布、北別府、中畑…往年の名選手が勢ぞろい 1970年代の「神ドラフト」

 その2年後、阪神も大当たりと呼べる指名を見せる。中央大学で1年から中心打者として活躍した佐野を1位で、中央球界では無名だった掛布雅之を6位で獲得したのだ。掛布の獲得については、当時、阪神のスカウトを務めていた河西俊雄のルートで甲子園に呼んで練習に参加させ、その時のバッティングが決め手となったという逸話がある。佐野と掛布は、ともにサードで入団当初はレギュラー争いを繰り広げたが、最終的には佐野が外野に回り、ともに中心選手となった。ちなみに、70年代は指名されても入団を拒否する選手は珍しくなかったが、この年の阪神も7人中4人が入団していない。そんな中から残った二人が成功したというのもまた珍しい例である。

 その2年後の1975年は巨人と広島がヒットを飛ばしている。巨人は篠塚、中畑、山本という野手三人を獲得。特に、篠塚と中畑は地獄と呼ばれた1979年の伊東キャンプを経験して大きく飛躍し、1980年代の巨人には欠かせない存在となった。一方の広島は、200勝投手になる北別府を1位で獲得。それ以外にも上位指名した選手がいずれも戦力となり、80年代の黄金期を支えることなる。

 1970年代の成功ドラフトの特徴は、複数のレギュラー野手を1年で獲得していることである。そしてここで挙げた近鉄、阪神、巨人の選手達はその後リーグ優勝を経験することになる。野手の成功選手を一気に獲得することが、その後のチームに与える影響が大きいことをよく示していると言えるだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita