東芝・宮川哲(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】西武、“弱点”の投手を的確補強 素材は「高校生トップクラス」の右腕も獲得

日大三・井上広輝(撮影・西尾典文)
ドラフト6位で指名された日大三・井上広輝(撮影・西尾典文)

 6位の井上は、よくこの順位まで残ったというのが第一印象。最速150キロを超えるストレート、打者の手元で鋭く変化するスライダー、フォークなど全てが高校生ではトップレベルで、フォームの大きな欠点も見当たらない。右肘の故障歴があるのだけが気がかりだが、順調にいけば2年目から一軍の戦力となってもおかしくないだろう。

 7位の上間は、高校時代から評判だった右腕で、3位の松岡と同様に高校卒1年でNPB入りを果たした。少しクロスに踏み出して一塁側に流れるのは気になるものの、ボールの角度があるのは持ち味。少し肘を痛めていた時期もあるが、まだ若いだけに、まずはしっかり体を作るところからスタートしたい。

 8位の岸は、明徳義塾で1年から投打に活躍した高校野球ファンにはおなじみの選手。大学を中退して独立リーグ入りし、野手としてNPB入りをつかんだ。高校時代から投手よりも野手としての方が素質の良さは光っており、リストの強いバッティングが持ち味。外野手は秋山翔吾がFAでの退団が濃厚で、若手も手薄なだけに1年目から打撃でアピールしたい。

 育成1位の出井は、ボールの角度が魅力の大型右腕。大学生だが高校2年生くらいかと思うような細身の体が課題だが、フォームに悪いクセがなく、将来性の高さが感じられる。投手陣が課題のチームだけに、しっかり体作りに取り組んでまずは二軍での登板機会をつかみたい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita