東芝・宮川哲(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】西武、“弱点”の投手を的確補強 素材は「高校生トップクラス」の右腕も獲得

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。最終回はパ・リーグ1位の西武だ。

■西武指名選手

1位 宮川哲(東芝・投手)

2位 浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ・投手)

3位 松岡洸希(BCL武蔵・投手)

4位 川野涼多(九州学院・内野手)

5位 柘植世那(Honda鈴鹿・捕手)

6位 井上広輝(日大三・投手)

7位 上間永遠(四国IL徳島・投手)

8位 岸潤一郎(四国IL徳島・外野手)

育成1位 出井敏博(神奈川大・投手)

 1位では佐々木に入札したが、外して即戦力が期待できる投手を上位指名した。ペナントレース連覇を果たしたものの、チーム防御率は2年連続の最下位。短期決戦での弱さを考えても投手陣の補強は急務である。そのための選択としては宮川、浜屋の二人の獲得は非常に的確な指名だったと言えるだろう。少し驚いたのが3位指名の松岡。知名度の低い地方大学や独立リーグの投手を高い順位で指名してもあまり戦力となっていないケースが多いため、少し引っかかりを覚えた。逆に4位から6位は将来性のあるショート、即戦力候補の捕手、スケールのある高校生右腕と上手い指名を見せた。実は野手の若手も手薄なだけにもう少し強打者タイプにも目を向けてもらいたかったが、トータルで見れば十分に良い指名ができたという印象だ。

東芝・宮川哲(撮影・西尾典文)
ドラフト1位で指名された東芝・宮川哲(撮影・西尾典文)

 1位の宮川は、社会人でも1、2の実力を誇る本格派右腕。ストレートは毎試合150キロ以上をマークし、140キロを超えるカットボールも必殺の武器である。先発では中盤にエアポケットに入ったように失点するケースが目立つが、短いイニングであれば打者を圧倒するピッチングを見せる。1年目からセットアッパー候補として期待できるだろう。

 2位の浜屋も実力派のサウスポー。上背がない投手だと反動をつける動きが大きくなってコントロールが安定しないことが多いが、浜屋はそのような無駄な動きがない。両サイドに投げ分けるコントロールと140キロ台中盤のスピードを持ち合わせており、しっかりと試合を作ることができる。リリーフでも面白いかもしれないが、タイプ的にはまず先発で試してもらいたい投手である。

 3位の松岡は、高校時代全く無名だったものの、独立リーグで急成長して1年でNPB入りをつかみ取った。映像でしか見られなかったが、イム・チャンヨン(元ヤクルト)に似た躍動感あふれるフォームが魅力のサイドスローだ。リーグ戦の成績を見る限り制球力には不安が残るが、まだ若いだけに今後の成長が楽しみな素材である。

 4位の川野は、最近では珍しいスイッチヒッターの三拍子揃ったショート。どちらの打席でもしっかりトップの形を作り、鋭く振り切れるバッティングはセンスに溢れている。軽快なショートの守備と脚力も高校生ではトップレベルだ。同じスイッチヒッターの名ショートである松井稼頭央が二軍監督というのも川野にとってはプラスになりそうだ。

 5位の柘植は、昨年も候補に挙がっていた社会人を代表する捕手。地肩の強さだけでなく、フットワークの良さも一級品で、イニング間のセカンド送球は楽に1.9秒台をマークする。打撃が年々向上しているのもプラス材料だ。森友哉、岡田雅利に次ぐ捕手が手薄なだけに、一年目から一軍の戦力として期待がかかる。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita