ドラフト1位で指名された青森山田・堀田賢慎(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】巨人、若手投手陣の底上げに成功 他球団には脅威

ドラフト4位で指名された 前橋商・井上温大(撮影・西尾典文)

 4位の井上は欠点のないフォームが光るサウスポー。体つきはまだまだ細く、スピードも140キロ程度だが、バランス良く腕を振ってコーナーに投げ分けるピッチングが光る。体作りが進めば、見違えるようなボールを投げそうな雰囲気にあふれている。

 5位の山瀬の武器はとにかくその強肩。地肩の強さだけならアマチュアでも1,2を争うレベルで、低い軌道で一直線にセカンドまで届くボールは迫力十分だ。課題はスイングの軸が安定しないバッティング。守備が魅力であることは間違いないが、将来のレギュラー獲得のために打力強化も疎かにせずに取り組みたい。

 6位の伊藤、育成1位の平間は実際のプレーを見ていないので詳述は避けるが、伊藤は早くから評判だった大型打者。菊田と切磋琢磨して成長してもらいたい。

 加藤は育成での指名だが、隠れた“ヒット指名”。高校卒3年目でまだまだ若く、持ち味のスピードに加えて今年は打撃も力強くなった。外野はレギュラーの高齢化が進んでいるだけに、1年目から積極的にアピールして支配下登録を勝ち取りたい。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita