ドラフト1位で指名された青森山田・堀田賢慎(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】巨人、若手投手陣の底上げに成功 他球団には脅威

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。今回からは各球団の指名について、選手を紹介しながら総括していきたい。今日はセ・リーグ1位の巨人だ。

■巨人指名選手

1位 堀田賢慎(青森山田・投手)

2位 太田龍(JR東日本・投手)

3位 菊田拡和(常総学院・外野手)

4位 井上温大(前橋商・投手)

5位 山瀬慎之助(星稜・捕手)

6位 伊藤海斗(酒田南・外野手)

育成1位 平間隼人(四国IL徳島・内野手)

育成2位 加藤壮太(BCL武蔵・外野手)

 奥川を抽選で外して、一度即戦力の宮川哲(東芝)に向かい、それも外すと高校生路線に再度変更して堀田の指名となったが、チーム事情を考えると良い方向に転がったように見える。中堅、ベテランの選手は揃っているが、必要なのは将来のエース候補。太田はスケールのある大型右腕で、そういう意味で上位二人は非常に的確な指名だった。4位の井上を含めて、若手投手陣の底上げには成功したと言える。残る支配下の3人も特徴のある高校生野手を揃え、来年よりも将来に目が向いているように見える。昨年も2位以下は高校生を揃えたが、このような指名が続けば、他球団にとって脅威となることは間違いない。ドラフト会議後に行われた日本シリーズで4連敗したことで、また大補強を敢行するとも言われているが、素材の良い若手の育成にもしっかり腰を据えて取り組んでもらいたい。

 1位の堀田は今年の春に急浮上してきた大型右腕。まだ粗削りな感は否めないが、目立った悪いクセのないフォームで、体格に見合うだけのスケールの大きさがある。注目度の高い球団のドラフト1位ということで苦労することも多いと思うが、まずは焦らずにコントロール、変化球のレベルアップに取り組みたい。

 2位の太田は社会人からの入団だが、こちらも即戦力というよりも2年目以降の戦力として考えておきたい。190cmの長身で150キロを超えるスピードを誇るが、今年はテイクバックで右肩が下がるようになって制球を乱す場面が目立った。フォームをしっかり固めて、制球力アップに努めたい。

菊田拡和(常総学院) 【撮影・西尾典文】
ドラフト3位で指名された菊田拡和(常総学院) 【撮影・西尾典文】

 3位の菊田は高校球界でも屈指のスラッガー。力みなくヘッドの走るスイングで、軽く振っているようでも打球の初速と飛距離は目を見張るものがある。タイミングをとる動きに無駄があり、ステップも淡泊で確実性には課題が残るものの、このタイプの選手はなかなか出てこないだけに希少価値は高い。チームの主砲、岡本和真のようにゆったりとしたタイミングのとり方を身につけることができれば、将来中軸を打てる可能性も十分にあるだろう。

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita