東海大-海野隆司(撮影・西尾典文)

【ドラフト総括】ソフトバンク、1位と2位の指名に大きな疑問符が付く

 3位の津森はリリーフタイプの本格派サイドスロー。コントロールはアバウトだが、躍動感あふれるフォームから投げ込むストレートは打者の手元で微妙に動き、芯を外して打ち取る。今年はもう一つ調子が上がらず打ち込まれるシーンも目立つが、国際大会で結果を残しているというのも心強い。チームにあまりいないタイプなだけに、早くから中継ぎ陣の一角に定着する可能性は十分にありそうだ。

 4位の小林は実際のプレーは見られなかったが、150キロ右腕として評判だった選手。プロでは長打力を生かして野手での指名となった。右のスラッガータイプは不足しているだけに、チームにとって貴重な存在となりそうだ。5位の柳町は東京六大学で通算100安打を達成している左打ちで巧打の外野手。大学4年間で体つきがあまり変わらず、左方向への打球が多いのは課題だが、ミートのセンスと積極的な走塁は高レベル。内野を守れるユーティリティという点もプラス材料だ。

 育成では今年も多くの選手を指名したが、面白そうなのが2位の大関だ。大学で見違えるように体つきがたくましくなり、それに比例してボールの勢いもアップした。倒れ込むようなフォームでボールの角度があるのも面白い。意外に早く支配下登録を勝ち取る可能性も十分にあるだろう。

(文・PABB主任研究員・西尾典文)

西尾典文 主任研究員

西尾典文
  • 1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

Twitter ID: @ajihiraita